FC2ブログ

3本目ビン交換

ブリード
02 /24 2018
オスのみ交換しました。9頭。
結果、30.5、31、31、33、33.5、36、37、40、40.5グラムでした。
40グラム超え2頭。自己ブリード幼虫最大体重記録更新です。
HSさすがです。3か月経っても菌糸の状態は大変良好でした。
ただ、HSは非常に硬詰めなので菌糸掘り出しに苦労します。
最後の方はスプーンを持つ指が痛くて泣きそうでした。
40グラム超えは、親が89.1㎜Bでした。血統も大きいですね。
セミ化が恐いので温度は春まで18度くらいまで落として冬を感じてもらい、
あとは、無事に羽化してくれることを祈るのみです。

スポンサーサイト

2本目第2回目

ブリード
11 /18 2017
オオクワ好きの皆様、こんばんは。わきゅうです。

今日は、残りの9本を一気に交換しました。
結果は、オスが、27.5 30.0 31.5 31.5 メスが、13.5 13.5 15.5 16.5 1頭が★でした。
今年は自分にとってはアベレージが高く、大満足です。
1400の菌糸ビンが1本余ってしまいました。どうしよう。
3か月後に状態が良かったら、体重が乗らなかったオスに使ってみようかな。


2本目第1回目

ブリード
11 /11 2017
オオクワ好きの皆様、こんばんは。わきゅうです。

8月中旬に一本目を投入して約3か月経ちましたので食痕の多いものを5本交換しました。
ビンは予約しておいたHSが予定日にちゃんと届きました。銚子さんありがとうございました。

結果、5頭すべてオスと思われます。
25グラム、25.5グラム、26グラム、32グラム、34グラムでした。
HSさんのビンから34グラムが出ました。結果には大満足です。
ビンが足りなくて、大夢さんに入れたビンから32グラムが出たのでちょっとびっくりしました。
HSさんのビンは詰めが非常に硬いので掘り出しに骨が折れます。その分期待もできます。

34グラムに興奮して画像を取るのをすっかり忘れてしまいました。
次回からは大きいのは画像を残すつもりです。

還元率について

ブリード
09 /22 2017
オオクワ好きの皆様。こんばんは。わきゅうです。

通常だと、2本目の交換時期ですね。
我が家では、今期投入が遅かったのでまだまだ先です。

今日は、還元率について思っていることを書いてみます。

多くの方は、幼虫に期待するのは体重、成虫に期待するのは体長だと思います。
重い幼虫は大きな成虫になる。当たり前ですね。私も今まではそうでした。

私のこれまでの少ない経験で、体重24.5グラムで体長81ミリという個体が出ました。
その時は、「意外に大きいので出たな」くらいにしか思わず手放してしまいました。
別血統で、36グラム、83ミリの個体が羽化したからでした。

どこかでマツノさんが、「養殖で無理やり大きくしているから不健康」とおっしゃられていました。
確かに40グラム以上の重い個体は羽化不全のリスクが大きいと思います。

多くの人は基本的には長さを基準に親虫を決めていると思います。
今期、私は還元率も重要視したいと思います。
最も長かった個体と最も還元率が高かった個体を残してブリードしてみようと思います。
このルールをメスにも適用し、クロスでブリードしてみるのも面白いと思います。

それではまた。

来期親虫着弾

ブリード
09 /17 2017
ウエストさんから購入しましたペアが本日届きました。
♂ 84.9mm 羽化日 2017年7月中期
(親虫♂84.7mm(866系)×♀55.1mm(871系×866系)
顎ずれです。右がやや奇形で左に湾曲しているので1mm程度短いです。左顎の計測では85mm程度あります。
個体も非常に元気です。B品ですがブリードには問題なさそうです。
兄弟では最大87mmが出ているようです。期待できますね。
20170917_01.jpg

♀ 54.6 mm 羽化日 2017年7月初期
(親虫♂84.7mm(866系)×♀55.1mm(871系×866系)
僅かにお尻が出ますがこっちは全然問題ないと思います。
20170917_02.jpg


ウエストさん、貴重な個体をありがとうございました。


わきゅう

神奈川県横浜市在住。

国産オオクワガタの自分本位なブリード日記を紹介しています。

宜しければお付き合いください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。